英会話スクール日記 
7アクト体験日記

はじめまして。ドクです。ケイくんに頼まれて、現在行ってる英会話学校の体験談を定期的に書いていく事になりました。
英語の本は少しは読めるんだけど、発音・文章作成などの英語力は皆無に等しい私が、どこまで行けるか、自分自身も楽しみにしてます。

■8月20日(土) 初めの頃と比べて


晴れ。

今日は、リスニングの授業が主でした。

最初に、講師が読んでいく文章を聞いて、後で質問に答えたり、
その文章の書き取りをしたりするものです。

これが、自分でもビックリするぐらいに上手くできました(^^)
質問には全て答えられたし、書き取りも、知らない単語以外は全て聞き取れていました。

そして終わってから、講師に、「最初の頃に、このテストをやったんだよ」と言われました。
あ、なんか覚えているようないないような・・・

1年以上前のその頃は、全く答えられなかったそうです。

勉強続けてて良かったと、心から思いました\(^^)/


聞き取り問題に関しては、授業も大事ですが、もっと大事なのは自習だと思います。
英語を聞く機会をいかに作るか。

僕の場合は、いつもおなじみの、「100語でスタート英会話」に加えて、家にいて暇なときは、
好きな映画をエンドレスで流していました。

お気に入りは、
バック・トゥ・ザ・フューチャー1、2、3
マトリックス1
スパイダーマン2
です。

特に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、一体何回見たのか分かりません(^^;)
8月に入ってからでも、少なくとも5回ぐらいは123を通しで観ています。
(というか、部屋のテレビで流れています)


ところで、最近暑い日が続いていますが、家ではなんとか冷房を28度以下にして
がんばっています。

ところが講師宅に行くと、異常に寒い!
ふと冷房の設定温度を見ると、21度になっている!

寒い国カナダ生まれの講師は、あまり地球には優しくないようです(--;)

 

■8月9日(火) 日本オタク


晴れ。

講師は、日本映画オタクです。
日本人の僕も知らない監督やタイトルもよく知っています。

僕は、恥ずかしながら、鈴木清順氏や小津安二郎氏の名前は知っていたものの、
どんな作品を作っていたのかさえも知りませんでした。

でも、アメリカなどの映画ファンにとっては、それぐらいは常識中の常識で、
映画監督の武満徹氏などもリスペクトの対象として有名らしいです。

講師も、黒澤明氏の映画は全てDVDで持っているし、その他の日本映画も、
白黒映画時代の有名モノは、ほとんどDVDで持っています。

そういえば、今話題のスターウォーズのジョージ・ルーカス監督も黒澤明氏の大ファンですものね。

スターウォーズは、元々、黒澤明氏の「隠し砦の三悪人」から影響を受けたものですし、
オビ・ワン役に、三船俊郎にオファーを出したけど、三船さんに断られたって話も有名ですよね。

そういえば、本当かどうか分かりませんが、「ジェダイ」も、日本の時代劇の「時代」から 来ているとか。

最近は、ハリウッドでもジャパニーズホラーのリメイクが流行っていますが、講師に言わせると
オリジナルの日本版の方が怖いそうです。

そういえば、基本的にハリウッドのホラー映画は、モンスター物かスプラッタ物ですよね。

ちなみに僕は、日本のホラー映画はほとんど観ません。
本気で怖いから(^_^;)

 

たったの1年で英語がペラペラになるまでの日記
中学生程度の英会話力だった20代の男性が、たった1年で英語ペラペラになっていくまでを描いたドキュメンタリー日記! あなたも英語ペラペラになって、外国人の友達をいっぱい作ってみませんか?

メールアドレスを半角で記入してください