英会話スクール日記 
7アクト体験日記

はじめまして。ドクです。ケイくんに頼まれて、現在行ってる英会話学校の体験談を定期的に書いていく事になりました。
英語の本は少しは読めるんだけど、発音・文章作成などの英語力は皆無に等しい私が、どこまで行けるか、自分自身も楽しみにしてます。

■9月24日(金) 英語は慣れです


晴れ。

最近仕事が忙しくて、今日は宿題を一つも出来なかった。
で、今日はロールプレイとフリートークに明け暮れました。
今までで一番恥ずかしかったこと、をテーマにフリートーク。

講師はカナダ育ちのため、暑さに弱い。
だからいつも冷房ガンガン。
ありがたいんだけど、他人事ながら電気代が気になります(^_^;)


予定を立てているとき、どう言いますか?

I plan to go to hospital.
I plan on going to hospital.

私は病院に行く予定だ

I'm going to hospital.

私は病院に行きます

などがありますが、こういう言い方もあります

I intend to go to hospital.

私は病院へ行くつもりです

intend の本来の意味は、意図する、意味する、ですが、
〜するつもりである という意味もあります。
結構使われる言い方らしいので、おぼえておきましょう。

また、intend の名詞形 intention を使って、

My intention is to go to hospital.
私の意図は病院へ行くことです。

という使い方も出来ます。


ところで、funny という言葉があります。
おかしい(可笑しい)」という意味です。

This comedy movie was funny.
このコメディ映画は可笑しかった。

という意味が主ですが、時には strange の変わりにも使われることがあります。

犯人は・・・おまえにゃ!

たとえば、鍵がどこに行ったか見つからないときは、

That's funny! I thought my keys were here. But they're gone now.
変だ! 鍵がここにあったはずなのに、無くなってる!

という具合に使われます。
映画を見てると、必ず出てくるフレーズです。


最近つくづく思うのは、英語は慣れだなあということ。
講師と一年近く勉強してきて、講師の話すことは8割方理解できるようになったし、英語で話すのも普通に出来るようになってきました。
もうすぐ一年たっちゃうけれど、一年前にやると決めて勉強を始めた自分にお礼を言いたい気分です\(^^)/

 

■9月17日(金) hope と wish


晴れ。

台風が近づいているせいなのか、暑い日が続くせいなのか、天気が不安定。
天気予報では晴れだったのに、いきなり豪雨が降ったりする毎日です。
原付で講師宅に行っている僕にとっては、怖い日が続きます。

今日も曇ってて、いつ降り出してもおかしくない状態。

最近は積極的に話してるんで、結構普通に会話しています。

天神橋祭りに行った話とか、サッカーアジアカップの話とか。

自分の声を録音したMDを聞いてて、最近気がついたんだけど、どうも僕はネイティブのスピードに合わせて話そうとしているようだった。
それは良いことなんだけど、そっちを重視するあまり、ちゃんとした発音や、リズムを置き去りにしちゃってた。


で、最近は自分の速度とリズムを狂わさないように、ゆっくりと確実に話すようにしています。

そうするようにしてから、明らかに話す量も増えたし、落ち着きも出来たし、何より自信を持って話せるようになりました。

レッスンも後2ヶ月ほど。
ラストスパートでがんばるぞ!

猿の惑星見ました。でかいのは、ヒロインのアリ。チンパンジーなのに、美人。

さて、最近僕は仕事が大変忙しい状態が続いています。なかなか休みも取れないぐらい。
今日の帰りに、講師から、

「仕事は少しは暇になりそう?」
(英文思い出せませんでした。)

I hope so.

「今週末は休めるのかい?」

I wish.

このあと2人で苦笑い。

このとき何で苦笑いしたかというと、実はhope と wish の意味の違いにあったんです。

この二つとも、「私はそう願っています」と言う意味なんですが、実は意味は真逆に近いものがあるのです。

hope 実現が可能なことを望む

wish 実現が難しいことや不可能なことを望む

で、実際にはどうだったかというと・・・・・

 

 

 

 

休めませんでした(;_;)

 

■9月10日(金) ever と never


晴れ。

講師宅に行くと、冷風器が届いていた。
扇風機ではなく、中に氷や水を入れて、冷風を出してくれるものだ。

カナダ育ちの彼には日本の夏は暑すぎるようで、昨日の晩もよく眠れなかったらしい。
暑いもんなあ。

で、エアコンをつけ続けるわけにもいかないので、これを購入したとか。

ぼくの家も考えられないぐらい暑いんで、ちょっとうらやましい。


今日は、ever と never の使い方も習いました。

ever  今までに
never  決して〜ない


と辞書には書いています。

例えば、

I don't eat Natto.
私は納豆を食べません。

I never eat Natto.
私は納豆を絶対に食べません。

I don't have eaten Natto.
私は納豆を食べたことはありません。

I have never eaten Natto.
私は今までに納豆を食べたことは決してありません。

Don't give up!
あきらめるな!

Never give up!
決してあきらめるな!!

このように、neverを使うとかなり強調された意味になります。
絶対に! 決して! というかんじ。


everの場合、

I don't ever eat Natto.
私は今までに納豆を食べたことがありません。

Have you eaten Natto?
納豆を食べたことがありますか?

Have you ever eaten Natto?
今までに納豆を食べたことがありますか?

It was the biggest building I have ever seen.
私が今まで見た中で一番大きなビルでした。

ネタに困ったときの映画情報。

と、どちらも、文章をより強調したり詳細にしたいときに使います。
無くても特に差し支えないんですが、これを使うと、文章の幅がちょっと広がりますよ。

 

■9月3日(金) 英語には珍しい、曖昧な答え


晴れ。

暑い暑い日が続いています。
講師はカナダ人なので、暑いのはとても苦手なようです。
講師宅にはいると、十分なクーラーがかかっていたのですが、彼はまだ「暑い暑い」と繰り返していました。

今日習った中で、おもしろかった+難しかったのは、

suppose

辞書を引くと、「仮定する・想像する」という意味なんだけど、これがちょっと変わった使われ方もしています。
その変わった使われ方を紹介します。

1. be supposed to 〜
2. I suppose


1の場合、「〜しなければならない」「〜することになっている」という意味です。

I'm supposed to go to shopping today.
今日は買い物に行かなければならない。


これが過去形になると、

I was supposed to go to shopping today.
今日は買い物に行かなければならなかった。(でも行けなかった)

というふうになります。

「金を出せ!」「わ・・・わかったよ!」

2は、一見普通の文章に見えますが、「たぶんね。」「そうだと思うよ」と言うような意味でも使われます。

Do you think that she marries me?
彼女が私と結婚してくれると思いますか?


I suppose (she will marry you).
たぶんね。そう思うよ。


この場合、50%ぐらいの確率です。

ちなみに、100%の確率の場合、

I'm sure (she will marry you).
間違いないよ!



また、自分自身の確率が50%ぐらいのときも使います。
これはどういうことかというと、

Can I have 3,000 yen?
3000円貸してくれる?


Uh, I suppose.
うーん。まあ、いいよ。


この場合は、貸してあげたい気持ちと、貸したくない気持ちが50%ぐらいですね。
この言い回し、結構使えます。

英語には珍しい、曖昧な答えでした(^_^;)

 

たったの1年で英語がペラペラになるまでの日記
中学生程度の英会話力だった20代の男性が、たった1年で英語ペラペラになっていくまでを描いたドキュメンタリー日記! あなたも英語ペラペラになって、外国人の友達をいっぱい作ってみませんか?

メールアドレスを半角で記入してください