英会話スクール日記 
7アクト体験日記

はじめまして。ドクです。ケイくんに頼まれて、現在行ってる英会話学校の体験談を定期的に書いていく事になりました。
英語の本は少しは読めるんだけど、発音・文章作成などの英語力は皆無に等しい私が、どこまで行けるか、自分自身も楽しみにしてます。

■8月27日(金) 新しいカリキュラム


晴れ。

地獄のような暑さです。

今日は朝から歯医者に行き、その足で講師宅に向かいました。

アテネで燃えろ

今日からレッスンのカリキュラムが変更。
前のカウンセリングの結果、スタッフの人が新しいカリキュラムを考えてくれました。

新しいカリキュラムは、


1.フリートーク。

講師は生徒が発言した内容をメモに書き留めて、正しい英文に書き出す。
これらを全てMDに録音しておいて、家に帰ってから自分自身の発音を聞いてみる。
自分の発音をMDで聞くのは、実は予想以上に恥ずかしいのです。

しかし、その効果はかなりあると思いますよ。
自分がどんな話し方をしてるのかが客観的にわかるから、どう直したら自然に聞こえるかがわかるんです。
でも、ヘッドフォンで聴いていて、自分の声を聞いて一人もだえてる姿は見られないようにしましょう。



2.旅行英語。

インターネットや、ガイドブックで興味ある外国や、文化などを調べてきておいて、それを講師に説明します。
調べてくるんだけど、もちろんメモを見てはいけない。
講師がさらに、それについて説明してくるので、またそれに答えます。


3.英作文。

作文をしてきて、それを講師に添削してもらいます。
これは今までと同じ。この作文を書くのに、毎週悩んでいます。


この3つを今の授業でやっています。
だんだん難しくなってきたぞ。

 

■8月20日(金) いかれてる


晴れ。

今日のレッスンからは、講師の引っ越し先になる。
詳しい場所がわからないので、近くの駅で待ち合わせして、新居に向かった。

新居は、前のマンションと比べものにならないぐらい静かだった。講師もそれに感激したみたい。
確かに前のマンションは、前の大きい幹線道路を、選挙カーや右翼団体が走ったりしてうるさかったからねえ。

以前はフローリングの部屋でテーブルに座って授業を受けてたんだけど、今日からは畳の上で座って授業だ。

Can you sit on the floor?

日本人ですから。畳の上に座るのは慣れっこです。
欧米の人にとっては、床に直に座るのは覚悟のいることなのかな。

こんな○○はイヤだ!シリーズその1「英会話教師がバラモン僧」

引っ越し直後で疲れてるのか、それとも嬉しくてハイになってるのか、とにかく今日の講師はいかれてましたよ(^_^;)

You are crazy today!

まあ、こういう日もたまにはあるかもね。

 

■8月6日(金) ビューリホー

晴れ。

講師は明日から引っ越しするので、部屋の中が段ボールでいっぱい。
でも、明日から引っ越すにもかかわらず、まだまだ荷物がいっぱいあるぞ。
本当に間に合うの?

講師とのレッスンは、毎回MDに録音しています。
講師はMDウォークマンを持っているので、MDを持っていけば必ずしてくれます。
しかも、ちゃんとレッスンの項目ごとに曲分けもしてくれています。

なんで自分の声を聞くのってあんなに恥ずかしいんでしょうか。
それを家に帰ってから聞くのですが、これは全く拷問に近い・・・
一人でMDを聞きながらもだえている姿は変態のようです。
こんなもぞもぞ話しているのか! とか、
こんなに変なクセがあるのか! とか
嫌でも再認識させられます。

でもちょっと快感なの。

とても恥ずかしいですが、上達にはとても役立ちそうです。
皆さんも勇気を出してやってみてください。

ところで、ここで英語を自然な発音にする方法をアドバイス
英語にも日本語と同じように母音と子音があります。
不思議なことに、英語の母音も日本語と同じく、
「 a , i , u , e , o 」です。

実は英語には、
母音にはさまれた子音は、ラ行音に変化する」という法則があるそうです。

特にアメリカ英語には。
そして、最後の子音もほとんど発音しません。

だから、
beautiful の、tは、uiに挟まれているので、
「ビューティフル」ではなく、「ビューリフォー」となるわけです。

下のような場合も同様です。
get up も、「ゲットアップ」ではなく、「ゲラッ
shut up も、「シャットアップ」ではなく、「シャラッ

どうです? ちょっとネイティブっぽいでしょう?


さて、このレッスンの後、数ヶ月に一回のカウンセリングがありました。
講師宅の近くの喫茶店で7アクトのスタッフを待ちます。

余談ですがその喫茶店、外にとても大きいゴールデレトリーバーがいます。
彼の肩や腰を揉んであげると、とても気持ちよさそうにしています。
疲れてきたので止めようとしても、がっしり手を掴んで離してくれません。しかも腹まで出してきました。
仕方なくもう少し続けた後、隙を見て脱出成功!

いつものように、今回のカウンセリングの前には、電話でのコンピュータによるレベルチェックを受けていました。
結果は、8点上昇!!

一番最初(レッスン受ける前)
23

3ヶ月後
32

今回
40
と、順調にあがっています。
テストは
 文章構文
 語彙
 流暢さ
 発音
の4項目からなっています。この平均点が40点というわけです。
満点が80点。丁寧に話すネイティブぐらい。

カウンセラーが言いました。
「ドクさんすごいですね! 点数を見たときは、7アクトのスタッフみんなが拍手してましたよ!」
お世辞だとはわかってるんだけど、純粋に嬉しかった(^^)

順調に点数があがっています。
次回、というかラストのカウンセリングの時には、必ず50点台を目指すぞ!

 

たったの1年で英語がペラペラになるまでの日記
中学生程度の英会話力だった20代の男性が、たった1年で英語ペラペラになっていくまでを描いたドキュメンタリー日記! あなたも英語ペラペラになって、外国人の友達をいっぱい作ってみませんか?

メールアドレスを半角で記入してください